第二新卒 正社員

転職について

現在の日本は、昔のように終身雇用というものがほとんどなくなりました。
そのため、昔に比べて転職をする方も増えているのが現状です。
どんな大企業でも明日のことはわかりません。

 

それだけ私たちは不安定な時代を生きています。
しかし、簡単に転職といってもそんなにうまくいくわけではありません。
私自身も2回程転職をした経験がありますが、2度とも転職するのに苦労したのを覚えています。

 

同じ職種であったり、同じ業界であったら多少は転職しやすいと思いますが、異業種や未経験の職種となるとなかなか難しいのが現状です。
しかしそもそも転職をする方のなかでの一番の理由は人間関係という事実があります。
一昔前の景気がいい時の場合ですと、さらなるキャリアアップや給料の増加を目指して転職する方も多かったと思います。

 

それだけ、現在の人たちは安定志向だということが分かりますし、そういった考えを持たないといけない時代でもあります。
今後、日本の景気がどうなってくるか分かりませんが、今にもまして転職をする方が増えてくると思います。

 

転職回数は気にしない!

 

私は現在32歳になります。転職回数は12回になります、多い!多すぎる!と思った方が多いのではないのでしょうか。これには理由があります、求人サイトのウソです。求人サイトでは、企業は求人を掲載するのに高いお金をだしているのでより多くの人に会いたいのです。そのため誇大広告と思われる求人内容になってしまうのです。

 

そのような求人に真っ向勝負をかけていたら転職回数が12回にもなってしまいました。今までのたくさんの経験を活かし、年相応ではない経験の豊富さをしっかりアピールすることで他の人と差をつけます。また、転職回数が多いと大企業や、上場企業に勤めることはできません。このことを割り切って転職回数の多さ故のずるさがありますので汚れ仕事は私にやらせてください!と胸を張ってお伝えしましょう。

 

私はこの転職回数をうまく利用し、現在は会社の取締役になりました。結論はとにかく数うちゃ当たる!という考えを持っていれば大丈夫だと思います。

 

転職について気をつける事

 

転職。終身雇用制度が崩壊した今となっては、さほど珍しい事でもなくなりました。
とはいえ、やはりリスクが付き纏うものですから、私の失敗談を交えて一つお話を致したいと思います。

 

私は元々営業職をしておりました。仕事自体はやり甲斐もあり、充実していたのですが、小さい会社だった為上司との距離が近く
窮屈な思いもあったのが事実です。また、業界の宿命とも言える辛い体験に遂に耐え切れなくなり転職を決意しました。
転職先を選ぶ際に、多くの人はこれまで培ったスキルを活かせる仕事を探すことでしょう。私もそうでした。
加えて、興味があり憧れていた業界に入るためハローワーク等を通さず、直接企業のHPを見て探しました。

 

幸いにも通勤できる範囲に複数の企業があり中途採用の募集もしていたので、すかさず応募した次第であります。
全て業界内では名の通った企業で、ハードルは高いと思われましたが運良く担当者の方と意気投合でき一社の内定を頂きました。

 

私は有頂天になり、その後に控えていた企業の面接は辞退し、初出勤の日を待ち侘びて家でゴロゴロする日々を過ごします。過ちでした。
万が一を考えて他の会社も受けておくべきだったと痛感したのは、内定取り消しの電話を受けたその瞬間です。

 

何故だ。突然過ぎる。私は嘆きました。暫く体に力が入らず仕事を探す気になれませんでしたが、取り消しから数週間後に全ての謎が溶け、溜飲が下がりました。
その企業の倒産のニュースが飛び込んできました。なるほどね。地方支店までは情報が伝わってなかったのでしょう。仕方のない事でしたね。

 

というわけで、外から窺い知る事は困難ですが、その企業の経営状況も材料に下調べをする事が重要だと思った体験談です。
ちなみに私は今も無職です。

 

第二新卒ならばまだ新卒扱いで十分にまにあう

 

新卒を逃したら、終わり!
就職活動の戦争に負けたら人生おしまいのような風潮は今も変わりません。

 

しかし、そこで諦めると本当に人生おしまいです。

 

今では、新卒で就職できなくても第二新卒という名目で新卒と同様に採用してくれる会社も
多くあります。

 

そのような会社を探すには、ハタラクティブのような若者の求人に特化した転職エージェントを利用するのが最善です。

 

無料で活用でき、面接対策や履歴書の添削なども親身になって相談に乗ってくれます。

 

実際に利用した先輩の声を見てみるとどういうものなのか実感しやすいでしょう。

 

ハタラクティブの評判

更新履歴